2013
11.02

きのこ探しウォーキング(妙高高原)

Category: 山歩き・旅
ダンナのお付き合いでお出かけ
といっても山歩きは楽しいのだが・・・

今回は妙高の現地に夕方集合で2泊で朝解散
つまり、中1日がきのこ狩りで前後は他で楽しむ2泊3日の旅となった。
車で出かけ、延々と長いが運転はすべておまかせ。
私はしないと決めている。というより運転手には採用されない。
見ていられないらしい。

1日目は雨(10/20)野尻湖のナウマンゾウ博物館見学黒姫童話館見学
      妙高高原の白樺がきれいな宿に泊まる
2日目はなんとか雨も上がり妙高高原の笹ヶ峰できのこ狩り
3日目はスカイケーブルに乗って赤倉スキー場のまわりのブナ林など散策
  遠くにはじめに寄った野尻湖が見えていた。ここでもきのこをさがしたが無し
  さすが山の上(標高1500ぐらい)紅葉が始まっていて霧が晴れるととってもきれい。

  帰りには、もう1か所と欲張って ちひろ美術館へより    
  
そして帰り道にある安曇野(日高)の友人宅へ突然おじゃましてコーヒーを
  ごちそうになり 帰途につくという欲張りのコースとなった。

これをホームページの旅のページにまとめておきたいのだが・・・・なかなかだ。

どしゃぶりの雨の後で、きのこはもうひとつ。
ダンナは、関西では見られないきのこが見たかったらしい。
たとえば、毒キノコだがよく、絵にも使われるきれいな
    
tenngu.png ベニテングタケ   sirakaba.png
                   白樺林などに生える。
私はもっぱら
matukasa.png ドイツトーヒの大きなまつぼっくりを拾ってきた。
雨をどっさり含んでかた~くつぼんでいたのが、やっと少し開いてきた。

もう一つのおみやげは、安曇野の紅玉りんご
京都でももちろんあるが出回るのが少ない。
一つ50円で出ていたが、保存がしにくいので、控えめに買った。

でも今回「焼きりんご」にしたらすぐに無くなった。
rinngo.png
もっと買ってくればよかった。
今日電話で聞いてみたら、もう終わってしまったとのこと
。(その事は聞いていたのだが)
残念!生協の注文書に出ていたら、又買おう。アップルパイも作りたいし・・・
紅玉りんご だ~い好き!


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top