--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.02

懐かしい方の作品に出会えて

Category: 美術館めぐり
     takeuti.jpg 
NHKテレビで一時さかんに宣伝をしていた。

ある時、テレビがついていて、じいちゃんのひざにたまたま孫が座っていた。(4歳)
その時、この宣伝が始まった。すると孫が立ち上がり、 じいちゃんの背中の方へ回る。
みんなで「あれっ!」と思いながら見ていると
テレビにはライオンの画が映っていて、どうもそれが怖かったらしい。
なるほど、迫力のある画はさすが違うんだ!とみんなでえらく感心。

そんなこともあってこれはぜひ見に行かねばと…
この頃とっても忙しく、やっと先日終わらぬうちにと行ってきた。
う~ん、やっぱりなんでも本物はいい。
この猫の画で目の表情がなんともいえず、このしぐさがほんとに猫だととっても良かった。
動物の絵では他の物でも一瞬の動きをうまくとらえて表現しているとの解説があったが、
そのためのデッサンや素描がたくさんあった。

また一人の画家がその時代々で興味を示すものが変わっていき、いろんな物を描き、
作風も変わっていくのが興味深かった。

この会場でもう一つ「下絵を読み解く」という展示があり、竹内栖鳳のものが中心だが
他の方のもあった。下絵も本画そのものの大きさで綿密に書かれていて大作だ。
もちろん線はだぶっていたりいろいろだが、それがどうやってあんなにすっきりとした
本画になっていくのかととっても不思議だ。特に油絵などとちがって、日本画の
線と色は本当にすっきりしているとあらためて良さを感じた。

それで、ほかの方の絵だが金島桂華の「紅蜀葵」という絵が下絵と本画とが並べて
掛けてあった。そうだ、私はこの方が実際に絵を描いているときに1年ほどその方の
家にアルバイトに行っていたんだと若かりし頃の事を思い出した。
1974年に84歳で亡くなっている。
経歴を調べると竹内栖鳳に師事していたらしい。
衣笠の方に家があり、広いアトリエで仕事をされていてちょっとしたお世話係と
その家の用事を少しというアルバイトだった。
その時は、花鳥風月といった感じの日本画にはあまり興味がなく、あまり何も聞かず
これといって記憶に残っているものはない。いろいろ聞いておけば良かった、
見ておけば良かったと今になって思うが…。
でも久しぶりになつかしく、画を拝見出来てよかった。






スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
10.05

広島と直島の旅(平和と芸術に触れたくて)

Category: 美術館めぐり
夏の思い出 その2
hirosima1.png        hirosima4.png      
     
hirosima3.png        hirosima2.png 遺骨が納められている  
 
hirosima5.png 峠三吉の詩碑
                            

お恥ずかしいが広島の平和記念公園や資料館を一度も見ていなかったので                     9月初めに行ってきた。
入場料が大人50円小人30円という無料でもなく、高くもない設定が意外だった。

 今年の平和式典での安倍首相のあいさつはお粗末で、置いてあった感想ノートに   
その不満を書いてきた。被爆者のジオラマは
2016年度からの大改修で無くなるとか。
戦争を伝える本や資料をいろいろ見ているので新たな衝撃というものはなかったが、
原爆ドームなどを感慨深く見てきた。

 平和大橋の欄干がめずらしく後日、日曜版(
9/8付)に芸術家イサム・ノグチが
デザインしたとあり、なるほどと納得。              
大雨の後の広島の青い空を見て八月六日を思いながら、直島へ向かう。

 「現代アートってよくわからん」とダンナがブツブツ。                     
見るだけでなく体感して楽しむものかなと。                                
一方、アートの島を創った歴史が興味深い。                
ベネッセサイトと自治体とがタイアップして、住民の自治に繋げている。     
とにかく若い人と外国の人が多いのにびっくりだった。



naosima1.png 草間弥生の「南瓜」 
                  naosima2.png                 naosima.png 
                                            直島には二つあり、港の赤いのは中に入れる 

     naosima3.png 楽しい気分に ♪ ♪ ♪ 
 ベネッセハウスの近くにある作品「腰掛」
   
  naosima4.png  かぼちゃアイス  
600円で高め・・・二人で分け分け naosima5.png 「おいしかった!」

Comment:0  Trackback:0
2013
04.07

ああ見たことある・・・白の使い方がとても印象的できれい!!

Category: 美術館めぐり
三橋節子美術館・・・大津長等公園内

お花見がてら出かけ、美術館に寄りました。

setuko.png 

                                    小さい美術館だけど迫力満点・見ごたえ満点

やっぱり本物の生を見るのは、とてもすばらしい!!

そして、この方のことを詳しく知らなかったけど・・・うなずけました。

=1973年に利き手の右手を鎖骨の癌により手術で切断。その後は左手で創作を続けたが、不幸にも35歳の若さで癌の転移により他界した。画業に傾ける情熱は、今なお作品に残されていて色あせていない。=

という説明があるが利き手を失くしても、確か17日後には筆をとり(展示あり)その後の2年間にも「近江の伝説」の絵を作品にしている。そこには残していくまだ3、5歳の二人の子どもたちへの思いが込められている。

亡くなる7時間前に子どもたちに書いたはがきが展示されていたが、“またびよういんににきてね”とふつうにに書かれていた。が、ほんとはもう逝ってしまうことが分かっていて書いていたのだろうに「さよなら△またきて□」と書いたり・・・・。(解説に節子のユーモア性が書かれていたが・・・その一つかな?)
 
tegami.png

そしてなんといっても作品を子どもたちに残したいという情熱が感じられ、絵を描き続けたいという情熱が伝わってくる大作が並んでいた。どんなに無念だったことだろう。
 
絵本“雷の落ちない村”は未完になり、同じく日本画家のご主人が仕上げたとのこと。

35歳と短い生涯をせいいっぱい燃えつくした方だということを知った。

hanaore.jpg             setuko.jpg
“花折れ峠”                          “三井の晩鐘” 長男を描いている


kogarasi.jpg 
         
                                           “こがらしの詩”

どの絵も白の使い方がほんとにきれいで、実物を見てこそだった。  




  

Comment:0  Trackback:0
2013
01.17

ひょんな成り行きで「真珠の耳飾りの少女」の額が我が家へ

Category: 美術館めぐり
syoujyo1.png

昨年末、だんながめずらしく神戸市立美術館にこの絵を見に行こうと言い出した。
普段は美術館には、どちらかというと私の方がさっさと行きたい時には一人で
行ったりする。職場で話題にもなったらしい。

この絵は3度ほど日本にきているが、今回は修復されて東京と神戸の2か所での展示

フェルメールのこの絵はトローニーといわれるジャンルで肖像画とは違って画家が
自分のイメージで人物の頭部を描くものをいうらしい。テレビでもいろんな角度から
この絵を分析している番組を見たが、なるほど。

有名な絵はじっくり見られなく、平日で人はましだったけど絵の前では立ち止まらない
で下さいの注意。後ろに回ると見る場所はあったが・・・離れている。
ルーブルに行ったことのある娘の話では、結構自由な鑑賞ができる所だが
さすが“モナリザ”の前だけはやはり立ち止まり禁止だったとか。

それで一通り見て、せっかくだからと常設の展示物も見て回ってくると売店の端に出て
ちょっと見ることになった。ほんとにちらっと冷やかしだったのに・・・

今回特別企画で実物と同じ大きさで同じ模様の額に納まり
オランダのマウリッツハイス美術館(所蔵美術館)の監修の元に作られた額を見ていて
「まがいものでもやっぱりいい物はいいね」と見ていると彼もまんざらではなさそう。
「欲しいんだろう」と聞くので冗談ではした分を小遣いで出す?と聞くとすんなり
「出す」という。今回誘ったのは彼だし思い入れがあるのかなあ・・・?
そうか!それなら思い切るか。全然そんな余裕も予算もないのに話が進んでしまった。

どちらかというと、私は今回彼の気持ちをおもんばかろうという気持ちが強く
(なにしろ年金暮らしできびしいので)買う気になったのだが、後でそれとなく
分かったのは彼が私の気持ちをおもんばかったらしい。
私が額を何枚か飾っているので、とても欲しがっていると思ったらしい。

狭い我が家には不釣り合いだがやはり、少しましな物はいい。ささやかな贅沢かな。

syoujyo.png


さあ明日から何でしまろう。家計のやりくりはすべて私。彼はのんきなものです。
「わしだって、小遣いのやりくりがきびしい」と言われるかな?

「お互いをおもんばかって・・・」なんて書くと仲が良さそうだけ何の何の
先日は或ることで大ゲンカ!!




Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。