2013
10.06

オスプレイ 困ります

Category: 気になる事
osupurei.png 
10.6 あいば野大集会

滋賀県の近江今津にあいば野演習場がある。10/7~18の間にオスプレイを使った                             演習が本土で初めて行われる。
滋賀県にいる友達に久しぶりに会おうと誘われ参加 。とっても暑い日だった。
今日、よくよく理解できたことがあった。
本土での訓練は「沖縄の負担軽減」のためだという言葉を聞かされてきたが、
と~んでもないということだ。
沖縄へのオスプレイの配備数を増やし、訓練基地も増強している。
発着の回数は増え、ますます危険が増している。
そして本土での演習が、その「沖縄の軽減負担」という言葉で大手を振って
遠慮なくやれる道を開いているということだったんだ。
なんと、そういうことだったんだとつくづく腹が立つ。
演習場の近くの方たち、沖縄の方たちの大変さをつくづく感じる。

       osupurei1.png           osupurei2.png

安部政権は自衛隊がアメリカと一緒に直接戦えるように法整備をしょうとしている。
「NO」 と声を大にして言いたい!

もう一つ最近知ったのだが
アメリカは、軍事飛行場には航空法で厳しい決まりを作っているそうな。
それを、外国でもあてはめて守るように建前ではなっているそうだが、
沖縄ではぜ~んぜん守っていない。
自分の国では守っているのに、よそではしたい放題
最近のニュースでは取り決めた訓練時間も守っていないし・・・・普通の世の中で
これほど約束、決まり事を無視するなんて許されない、ありえないことなのに。

なぜこうも日本はアメリカに屈辱的なんだろう!!
今の政治をやっている人たち、その人たちを支持している人たちに
ぜひ考えてみてほしいと思う。

    
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.29

一つ疑問が解けて

Category: 気になる事
先日、NHKのクローズアップ現代で税を逃れる多国籍企業というのを
やっていた。

その数日前にアップルが世界各地の利益をアイルランドの会社に移していて
米国の議会が税逃れではないかと幹部を公聴会によんで証言 させたという
ニュースをやっていた。アップルはあくまでも合法的にやっているから問題は
ないと の主張。

                 moyasi.jpg 緑豆もやし
                  1回食べて、根っこを水につけ ておくと又芽が出て・・・

日本の状況でも思いあたるふしがある。

「日本の企業の法人税は高い。もっと下げないと企業が外国にでていく」
なんて国はどんどん大企業の税の優遇をしてきたが・・・そして優遇した同じ
ぐらいの金額を消費税で庶民から巻き上げている・・・何のことはない

世界中の多国籍企業の資本家はいかに儲けるかをあの手この手で表向きは
合法的にやっている。法律がそこまで間に合ってないので、それをいいことに
ずるいやり方でやって いるにすぎない。

グーグルもイギリスで国会に呼ばれたが、会長は「それが資本主義と いうものだ」
と居直っているらしい。

グーグルはカリブ海の税金がかからない島で有名なケイマン島を使って税のがれ
をしているらしい。

同じくイギリスでスターバックスは世論の反発を受け、ライバルの売り上げが増え、
自主的な納税を表明したらしく世論の力だったとか。

今後国際ルールを変えていくために、欧州の政治家は世論に押されてこの問題に
とりかかっているようだ。

日本の政権党の人たちは、大企業をいかに助けるか、税を優遇するか、そのことに
しか心をくだいているようにみえない。

そして、収められる税金が少ない分の穴埋めに福祉を削り、消費税を上げて・・・

なるほど、ケイマン島のことなど聞いたことはあったがそういうしくみだったのかと
断片的だった知識がつながったような気がした。

日本でももっとそういう世論を盛り上げていかないと・・・・


      ranntori.jpg  青虫を食べる鳥をとって食べる我が家のお猫さん

              rannneru.jpg そしていい気分で もうおねんね


先日、政府がもくろんでいた女性手帳がいろんな声に押されていったんは中止を
するという記事を新聞でよんだ。

「すごい!世論の力ってばかにならないんだ」
おかしいと思うことは声にし、できることを行動に移さなくっちゃ・・・

ただし、この女性手帳をいったんは中止だが、名称や少し中味を変えて女性に
かぎらないで男性にも配るものにして実施するという話も書かれていて

「あ~あ、またまた税金の無駄使い、もっと他にすべきこと一杯あるのに・・・」



           hana_20130531025608.png

Comment:1  Trackback:0
2013
04.26

あの言い方は何かヘンだなあ!

Category: 気になる事
  朝、たまたま国会中継がテレビに映っていて
           安部さんが力説していることばが耳に入る。

???「どんな脅かしにも屈しない」???

靖国参拝で中国政府や韓国政府の批判に対して強弁していた。

「国のため尊い命を落とした、尊い護英霊に対して尊崇の念を表する。これは
あたりまえのこと」ということばを麻生さんもよく言っているのを耳にしたが、

何の疑問もなく聞いていると「そうやなあ」と思う人もいるのかもしれない。

ましてや安部さんのように言葉巧みに強弁している人のことばを日本の代表として
しっかりやってくれている人だと誤解する人もいるに違いない。

ある解説では
「ウソを平気でつく詐欺師のようだ」と                     

一つの詐術は、「脅かしに屈しない」などと自らを被害者かのようにさかさまに描いて
いる とのこと。

そうだ!それが何かおかしいなあと違和感を感じた中味だとうなずいてしまった。

中国や韓国が急に批判し始めたような発言もしている。                             
それらは、歴史の事実のとらえ方が問われる。

他国を侵略したという事実、慰安婦の問題、村山談話のことなど自分たちの都合が
悪い事 はすべてねじ曲げていこうとしていることは、とっても心配で不安だ!!

よく「戦争美化」ということばで現わされているが、安部政権はそれを推し進めている
としか 思えない。

憲法9条を変えたい・・そしてアメリカと一緒に戦争に参加できる国に変えようと・・・

そのアメリカのNY・タイムズ紙の社説でも靖国参拝は「安部さんをはじめとする
国粋主義派が 中韓への敵対心をあおるのは無謀だ」と批判する記事をのせた
とのこと。

日本政府は国連の核不拡散条約再検討準備委員会で検討されていた
「いかなる状況下でも核兵器が 二度と使われ ないことは人類生存の利益」
という表現が入った共同声明(4/24)に 賛同を見送ったとのこと。

被爆国なのに・・・・どれをとってみても今の右傾化した安部政権を7月の参議院選挙
で 支持 したら、ますます、戦争に参加する国にされてしまう。 

維新の橋下さんも9条を変えようと一生懸命になっているし・・・・          

ワーキングプアが増えて若者が貧困になっているということは、徴兵制をしかなくても
軍隊に人を 集めやすく出来ることだというのがアメリカの実態を見てもわかる。
意図的に格差が作り出されて ・・・恐ろしい世の中のしくみだ。

こんなことを考えていると                                                            

またまた孫たちの世代のことが心配になる。

歴史の事実をしっかり学んでいきたいし、侵略戦争のことをしっかり
捉えている政治家を選挙では選びたいものだ。



みごとな「ヤブレガサ」・・・今年はなぜか大きく育って・・・


kasa.jpg  
                                                                                               
                これはある方の遺品で頂いた一鉢 で2年目の春
               藤も頂いたのに、それは花が咲かせられなく残念!
              

             亡くなったおじいちゃんの藤も花が咲かないし、藤はむずかしい
               





Comment:0  Trackback:0
2013
03.25

気になること一杯!!

Category: 気になる事
世の中、考えなければならない事が多過ぎる。

のんびり、穏やかにくらしたいけれど・・・・

日米首脳会談が終わったら、急に沖縄・辺野古新基地建設が
強行されようとしている。

その沖縄について考えようと、今日はおとなりのおうちでDVDを
見ました。その後、女性7人とそこのご主人とで8人でワイワイ。

★「標的の村」 http://www.qab.co.jp/village-of-target/

沖縄の高江村は、「オスプレイ」の着陸帯が自宅のすぐ近くに建設されると聞き、反対の声を上げ座りこんだ高江の住民たちを、国は「通行妨害」で訴えました。

実は、1960年代ベトナム戦争時にアメリカ軍は高江の住民をベトナム人にしたて、軍事訓練をしていました。今も日常的にヘリが旋回し、住民らは「まるで自分たちがターゲットだ」と憤慨しています。高江をさらに標的にするような基地建設は許せないと戦っている住民たちに支援するためのDVD  =琉球朝日放送制作=

工事が進められようとしている所は家からわずか400メートルの所、
そしてきちんとした説明もなくごりおしで進めていく日本政府、弱い
立場の住民の最後の手段の座り込みも訴えられ、何も言えなくさ
せられていく。よく国を守るということばが使われるが、誰のための
国なのか・・・この記録映画を見ていると、権力を持った人たちを守る
ためとしか思えない。

それにしてもこういう高江村の実態について全然知らなかったなあと
次々ひどいねと感想が出る。

そしていろんな戦いでは、いつも裏ではお金が動き今回の名護漁協
(辺野古地域の漁業権を持っているらしい)が埋め立てに同意したことも
そうとしか思えない。2年ほど前から政府は事務所を置き、地元業者へ
根回しをし、賛成するグループをつくり動いてきていたらしい。

高江村の人たちの静かなふつうの暮らしを守りたいという叫びは原発事故
で住む場所を追われた人たちの悲しみと同じだし、そういう人たちを守らない
政治ってなんだろうと思ってしまう。

いやでも政治に無関心ではいられない。


そのあと、4人が残って今のTTPに関係のあるDVDもついでに見ようと
フード・インクをみました。

フード・インク 

異常に安いものはくせものだと常々思っているが、そしてアメリカからの輸入肉は
絶対買いたくないと日頃思っていたが、一層その思いを強くさせられる。

儲ける ために作られていく恐ろしい現状の後はどうなるのだろうと・・・・と
ほとほと心配 になる。

今までにも付き合いでしかたなく食べたことはあるけど、ハンバーガーなんて食べ
る気になれないし、TPPに組み込まれたらこのアメリカ型農業の食品のワクに組み
込まれていくのだと思うとぞっとするねと話しあったものです。

そしてTPPは農業だけでないのが、恐ろしい。皆保険なども壊されていくとのこと。
安部さんは守るべきものは守るなんて何の保証もないのにどうしてあんな欺瞞的な
ことばがスラスラ言えるのだろう。中味もわからないまま11ヶ国ですでに決めたこと
には従わなければならないというのに・・・・


 
できることは何だろう? 

高江村の戦い支援のカンパ依頼があるので少しでもしょうと話あいました。








Comment:0  Trackback:0
2013
03.12

出来る事は何だろう!ー講演会に参加ー

Category: 気になる事
3/3原発なくそう 宇治 城陽 久御山集会

「いま、改めて 原発を問う」
        ~本当の豊かさとは~


講師  村上真平さん(原発被害の語り部)

 ・ 飯館村から避難され、現在三重県伊賀市で本格的自然農園づくりを
   すすめておられる。

 ・ もともとは、福島県田村市生まれで有機農業を始めた農家の後継者
   海外協力でバングラディッシュ、タイなどで自然農業の普及活動もされる。

 ・ その後、飯館村で自然農園・自然食レストランのエコビレッジを運営

 ・ 全国で原発被害の語り部ともなり、告発活動もされている 

                 madei_20130314115814.jpg 

飯館村のことを全然知らなかったけど、なんと素晴らしい村だったことか!!

この本を読んでびっくり!!

そして、こんなすばらしい村が原発で壊されてしまうなんて
当事者ではないけど、すごくすごく残念でならない。

SEEDS出版より出ている本で、写真も多くまとめ方もよくて
とっても見やすく読みやすい。

この本の中に
村上さんの「なな色の空」レストラン・自然農園・農家民宿のことが
紹介されている。

お話を聞くときれいな自然に囲まれてはいるが荒れていた土地に手を
入れ、2003年より作りあげてきたところで、軌道にのりはじめていた
様子がよくわかる。

いろんな物がすべて手作りで、仲間の家をたてていた時に地震と原発
事故が起こり、正しい情報が何一つ得られない中で苦労して情報を集め、
危険を感じ、逃げ出したとのこと。

写真もスライドでいっぱい見せて頂いたが、やっと築き上げた所を投げ
出さなければならなかった悔しさをつくづく感じさせられた。

madei.jpg


村全体で[までい」の理念を貫いたプロジェクトが一杯詰め込まれていて、
少しずつだんだん大きな形になっていたのに・・・


それがすっかり壊されてしまったという事だ。

そして、村上さんのそういう生の声で一層理解できる。

村上さんは
「このことは離れた福島の話ではなく、日本に54基ある原発が
いつ同じことになるかわからない、福島だから避難民はまだ少ない(が多い)
が都会の近くではもっとたくさんの犠牲者が出るんですよ。福島だけの問題
ではないということを皆さんに伝えたい」
と強調しておられた。

そして海外協力の経験や原発事故の経験から感じた事として
「一部の勝ち組のためにたくさんの負け組が必要なのが今の社会の実態だ」
と言われた言葉がとっても印象的だった。

でもたくましい方だなあと話を聞いていて、あらためて感じさせられた。

テレビの報道や取材番組だけでは伝わってこない事実の一部を感じとること
が出来た。

原発をなくすための行動と支援のできることを
        少しづつでも行動にあらわさねば・・・。







Comment:0  Trackback:0
back-to-top