--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.08

今度はこれ読む?ー息子のおすすめー

Category: 本の紹介
tosyokanns.gif    有川浩の「図書館戦争」

 息子曰く、「久しぶりにこれはハマった本や」とのこと。

アニメ化されたり、実写版の映画になったりもしているらしいが・・・

子どもたちが小さい頃、本が好きな子、読む子になって欲しいと願っていた。
始めの長男には力をいれて・・・ まあまあ なったのか???

その後、10歳離れた末の息子の頃は息切れもして・・・
あまりテレビを見せたくないと思っても

クラブで疲れて帰ってきた長男なぞは

「何言うてるか!おれらは疲れているんじゃ。テレビぐらい見せろ!!」と
お笑いだかなんだかのテレビを好きかってに占領・・・

世の中は、ままならなく  「もうなるようになれ・・・」 という感じですぎたが・・・

その後、二男は

その割には、大人になって生活の中に本を読むことが入っていてうれしい。
そして、ときには私なんか自分では手にとらない本を時折、紹介してくれて
楽しませてくれる。

そして、たまには読書談義なぞが出来るのも楽しい。

いい歳していつまでも家にいて・・・と嘆く一方、いいこともあるもんだ。 

長男とは、19で家を出てから繋がりが薄くなっているなあと思うからなおだ。
その前が問題だと言われるかなあ・・・。
         (とにかく口うるさいだけの親と思われていたようだ) 



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.27

ふう~ん いい本だな!・・・なあ~んだ!

Category: 本の紹介
      kosodatehonn ある日,京都新聞を見ていたら紹介記事があった。


子どもにかかわる仕事をしていたし、孫たちのことも思うとつい子どもの発達の
本などに目が行き、気になる。

今だに「わかっていなかったなあ、申し訳なかったなあ」と思う事いっぱい!

家森さんは、小児科専門医でいろいろ経験のある方のようだ。

いろいろな理論と経験を元に「心の安心の貯金通帳」という考え方をされており、
子どもの自己肯定感はどのようにして育つのかをテーマにしておられるよう。

いろんな所で自己肯定感のことは言われている。いつも気になる事だ。
大人になっても自分の事を考えて みても、つい否定的にみてしまう自分がいたり・・・・

ブログでがんばっている“おばあちゃんたち”は、この自己肯定感もしっかり持った方
たちなのだと思う。

そして、この方は発達障害のある子たちの事も専門にしておられて二次障害
(否定 される事が多く、ますますマイナスになり二次障害を起こすこと)
を起こさないようにすることが 発達の育児支援の主体だと言っておられる。

ご自身のいろんな経験や専門のお仕事を通じて書かれた、たくさんの事が
詰まった本です。

これは、良さそうな本なのでぜひ一度読んでみよう

と思い、どこの本かな?と見ると「なあ~んだ!息子が行っている所の本だ」

となって、聞くと「ああ目の前に積んである。うちの本やで」とのこと。早速、持ってきて
もらい、お金を払おうとすると、「この間、母の日やったしいいわ」とのこと。
(他に子ども3人たちにまとめてもらってはいたのですが)

この頃、本を出来るだけ買わずに図書館利用を心掛けているのですが、そんな訳で
これは、身近な本だった。

子育て中の子どもたちにも読ませたい本で、とても読みやすいのもいい。

        





Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。