2013
03.25

気になること一杯!!

Category: 気になる事
世の中、考えなければならない事が多過ぎる。

のんびり、穏やかにくらしたいけれど・・・・

日米首脳会談が終わったら、急に沖縄・辺野古新基地建設が
強行されようとしている。

その沖縄について考えようと、今日はおとなりのおうちでDVDを
見ました。その後、女性7人とそこのご主人とで8人でワイワイ。

★「標的の村」 http://www.qab.co.jp/village-of-target/

沖縄の高江村は、「オスプレイ」の着陸帯が自宅のすぐ近くに建設されると聞き、反対の声を上げ座りこんだ高江の住民たちを、国は「通行妨害」で訴えました。

実は、1960年代ベトナム戦争時にアメリカ軍は高江の住民をベトナム人にしたて、軍事訓練をしていました。今も日常的にヘリが旋回し、住民らは「まるで自分たちがターゲットだ」と憤慨しています。高江をさらに標的にするような基地建設は許せないと戦っている住民たちに支援するためのDVD  =琉球朝日放送制作=

工事が進められようとしている所は家からわずか400メートルの所、
そしてきちんとした説明もなくごりおしで進めていく日本政府、弱い
立場の住民の最後の手段の座り込みも訴えられ、何も言えなくさ
せられていく。よく国を守るということばが使われるが、誰のための
国なのか・・・この記録映画を見ていると、権力を持った人たちを守る
ためとしか思えない。

それにしてもこういう高江村の実態について全然知らなかったなあと
次々ひどいねと感想が出る。

そしていろんな戦いでは、いつも裏ではお金が動き今回の名護漁協
(辺野古地域の漁業権を持っているらしい)が埋め立てに同意したことも
そうとしか思えない。2年ほど前から政府は事務所を置き、地元業者へ
根回しをし、賛成するグループをつくり動いてきていたらしい。

高江村の人たちの静かなふつうの暮らしを守りたいという叫びは原発事故
で住む場所を追われた人たちの悲しみと同じだし、そういう人たちを守らない
政治ってなんだろうと思ってしまう。

いやでも政治に無関心ではいられない。


そのあと、4人が残って今のTTPに関係のあるDVDもついでに見ようと
フード・インクをみました。

フード・インク 

異常に安いものはくせものだと常々思っているが、そしてアメリカからの輸入肉は
絶対買いたくないと日頃思っていたが、一層その思いを強くさせられる。

儲ける ために作られていく恐ろしい現状の後はどうなるのだろうと・・・・と
ほとほと心配 になる。

今までにも付き合いでしかたなく食べたことはあるけど、ハンバーガーなんて食べ
る気になれないし、TPPに組み込まれたらこのアメリカ型農業の食品のワクに組み
込まれていくのだと思うとぞっとするねと話しあったものです。

そしてTPPは農業だけでないのが、恐ろしい。皆保険なども壊されていくとのこと。
安部さんは守るべきものは守るなんて何の保証もないのにどうしてあんな欺瞞的な
ことばがスラスラ言えるのだろう。中味もわからないまま11ヶ国ですでに決めたこと
には従わなければならないというのに・・・・


 
できることは何だろう? 

高江村の戦い支援のカンパ依頼があるので少しでもしょうと話あいました。








スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
03.25

えっ!何の事?

Category: ねえ聞いて
庭の花も咲き出してsakurasou.jpg サクラソウはいつもおとなりの方から
                        苗を頂いて・・・毎年うまくいったためしがない

今日のお話は、あまりいいことではない。

夜ちょっと一服とだら~とテレビでアイスマン解凍の話を
見ていたら、電話がなってめんどくさいなと受話器をとると

ガス会社からで、「今ガスを特別に使いましたか?」と
異常の通報が出ているとのこと。

「えっ!えっ!」と少々あわてる。つれあいがおふろに入るとか
入らないとかでスイッチをいれたような・・・

結論はお風呂栓を確かめて入れたのに栓がなぜか抜けてお湯が
垂れ流しになっていたとか・・・15分ぐらいたっていたのか???

その後、「ガスがストップ状態になりそうなのでそれを解除する操作を
電話器の通信を使って しますので、長くベルがなりますが、受話器を
とらないようにしてください」とのこと。

安全のため自動で ストップがかかるらしい。
なるほど・・・そういうしくみになっているのか!

でも確かめていたのになぜ栓がぬけたんだろう?
これから、ちょっと注意深くやらねば・・・

留守の時など異常があったら、止まるようになっているという
ことなんだろうな。

子どもが小学生頃、外にあるガスメーターにボールか何かが
あたり、振動でメーター器がストップしてガスが出なくなり、解除
の方法を教えてもらい、もう一度近所でそういうことがあったけど
そのときは分かっていてあわてなかったことがあったなあ。

それは地震の時などにストップがかかるようになっているらしい。

今はそのことも忘れてしまっていたが・・・









Comment:0  Trackback:0
2013
03.20

いいことがあって・・・!

Category: ねえ聞いて
   “オオイヌノフグリ”が満開huguri.jpg  
                                           この花を見るととってもうれしくなる!

先日、あるマンションの下で用事で尋ねた方に偶然出会い
話をしていると

「あっ ○○○○○の人や!」と小学生の女の子が二人
   
     注・・・私の入っているサークルの名前

声をかけてくれる。・・・・(ここだったら宇治小の子たちだな!)

「こんにちわ!何年生?」と聞くと「4年生」とのこと。
「またよろしくね!」と声をかけたけど・・・・

ふと、あそこは4年生までで高学年はないんだと思い出し、
とっても残念!!

あとで記録を見ると4年生は2/8に行ったのに覚えてくれて
いたんだと、とってもうれしくなりました。

その時の「おはなし」は、
    パートナーの方が “三人の糸紡ぎ女”
  
            私が  “雪女”
                 “のみのひっこし” の二話を語らせてもらった。

記録を見るとまだ寒かったので、子どもの頃の雪国の楽しみで“おそらにのる”
 
話をしてから始め、子どもたちはとってもよく聞いてくれたことが書いてあり、思い出す。

声をかけてくれてありがとう!女の子たち!!

       

   
                
Comment:0  Trackback:0
2013
03.13

すぐ近くにいい散歩道がなくて・・・

Category: ねえ聞いて
体を動かさなくっちゃ!

昨日3/12はお天気がよくてとっても気持ちの良い日

いつもは夜中に住宅回りをしこしこ歩いているけど、今日は昼間に出かけよう!
 近くにいいところがなく、バイクで宇治川の近くまで行く。

ー宇治川べりへー

ujigawa 1   ujigawa2.jpg 左の道は堤防の上でたまに車が通る
                              右は堤防の下で人と自転車のみ
ujigawa6.jpg 真っ青な空がきれいujigawa3.jpg

                              とても水量が多く流れもきつい
                               たまに事故も起こる
ujigawa5.jpg 木の芽はまだ・・・春にはあと一息

散歩やジョギングの人にたまには出会うが堤防の下はきままに歩けてうれしい。

そこで歩きながら
”おはなし”の練習をしょうとぶつぶつ・・・回りを気にしなくていいのがうれしい。
今日は午前中に保育園での「お話会」だった。 

 ♪どこ~かで春が生まれ~てる♪

となりの部屋から聞こえてくるお話仲間のいい声!
いい歌を子どもたちに伝えていきたいと思って、一緒に楽しんでいるとのこと。

ほんとだね。私もつい口ずさみながら・・・・・
♪♪~♪

予定よりも長く歩いて帰る  ujigawa4.jpg 少なくなった茶畑が見られる

子どもの自転車練習にもいい場所かもしれない。
また孫と遊びに来ようと思いながら帰る。

それにしても自分の時間を自由に使えることのありがたさをつくづく感じる。
勤めていた時は、何しろいつも時間に追われていたことが多かったから。






Comment:0  Trackback:0
2013
03.12

出来る事は何だろう!ー講演会に参加ー

Category: 気になる事
3/3原発なくそう 宇治 城陽 久御山集会

「いま、改めて 原発を問う」
        ~本当の豊かさとは~


講師  村上真平さん(原発被害の語り部)

 ・ 飯館村から避難され、現在三重県伊賀市で本格的自然農園づくりを
   すすめておられる。

 ・ もともとは、福島県田村市生まれで有機農業を始めた農家の後継者
   海外協力でバングラディッシュ、タイなどで自然農業の普及活動もされる。

 ・ その後、飯館村で自然農園・自然食レストランのエコビレッジを運営

 ・ 全国で原発被害の語り部ともなり、告発活動もされている 

                 madei_20130314115814.jpg 

飯館村のことを全然知らなかったけど、なんと素晴らしい村だったことか!!

この本を読んでびっくり!!

そして、こんなすばらしい村が原発で壊されてしまうなんて
当事者ではないけど、すごくすごく残念でならない。

SEEDS出版より出ている本で、写真も多くまとめ方もよくて
とっても見やすく読みやすい。

この本の中に
村上さんの「なな色の空」レストラン・自然農園・農家民宿のことが
紹介されている。

お話を聞くときれいな自然に囲まれてはいるが荒れていた土地に手を
入れ、2003年より作りあげてきたところで、軌道にのりはじめていた
様子がよくわかる。

いろんな物がすべて手作りで、仲間の家をたてていた時に地震と原発
事故が起こり、正しい情報が何一つ得られない中で苦労して情報を集め、
危険を感じ、逃げ出したとのこと。

写真もスライドでいっぱい見せて頂いたが、やっと築き上げた所を投げ
出さなければならなかった悔しさをつくづく感じさせられた。

madei.jpg


村全体で[までい」の理念を貫いたプロジェクトが一杯詰め込まれていて、
少しずつだんだん大きな形になっていたのに・・・


それがすっかり壊されてしまったという事だ。

そして、村上さんのそういう生の声で一層理解できる。

村上さんは
「このことは離れた福島の話ではなく、日本に54基ある原発が
いつ同じことになるかわからない、福島だから避難民はまだ少ない(が多い)
が都会の近くではもっとたくさんの犠牲者が出るんですよ。福島だけの問題
ではないということを皆さんに伝えたい」
と強調しておられた。

そして海外協力の経験や原発事故の経験から感じた事として
「一部の勝ち組のためにたくさんの負け組が必要なのが今の社会の実態だ」
と言われた言葉がとっても印象的だった。

でもたくましい方だなあと話を聞いていて、あらためて感じさせられた。

テレビの報道や取材番組だけでは伝わってこない事実の一部を感じとること
が出来た。

原発をなくすための行動と支援のできることを
        少しづつでも行動にあらわさねば・・・。







Comment:0  Trackback:0
2013
03.12

できることは何だろう?震災・原発事故より2年!

Category: 気になる事
 円山公園の集会に参加

baibai.jpg 3/9土曜日 辛淑玉(しんすご)さんのスピーチもあり 

お天気も良く、気持ちの良い日。桜の花はまだですが
円山に約3,500人が集まったそうで、パホーマンスもいろいろ。
彦根にいる学生時代の友人と一緒に行く。

 思いは一つ、「バイバイ 原発」 

3・11の事では地震・津波の災害と原発災害はしっかり
区別して語って欲しいといろんなメディアの報道を見て
いて感じる。

・沢山の人を苦しめている原発(いつまで続くのか?)
・人の力ではまだ制御できない原発
・使用済み核燃料は増えその後始末が出来ない。
  高レベル放射能の大量の残りカスの始末の方法がない。
  何万年も地下に埋める、核燃料プールなども危険。

福島で一層問題点が明らかになり、ドイツはなくすことを
決断したのに日本でなぜ再稼働ができるのか!

もともと核エネルギーは、戦争で広島、長崎で使われ
その後アメリカの海軍が潜水艦の動力に使おうと開発し、
戦争と結びついて発展し、安全性がおきざりにされ原発の
開発となってきたらしい。

効率よく儲けるために作られてきたが、事故で決して安い
安全な電気ではないことが、今回つくづく思い知らされた。

真実を知るために少しでも関心を持ち、少しでもできる行動
に参加し、意思表示をしたいと思う。


 「科学の目」で原発災害を考える・・・という不破哲三さんの
パンフレットがとても分かりやすい。


maruyama








Comment:0  Trackback:0
2013
03.03

子育てしやすい国に!街に!

Category: 気になる事
roubai.jpg  孫と散っていた蝋梅の花を拾ってきて・・・


私たちも子どもを保育園に預けて、共働きでやってきた。
子どもの病気が長引いたりした時は、どうしても親の助けを
借りてやりくりしてやってこれて親には感謝している。

そして今は子どもの世代が子育て真っ最中。今度は助ける側に
ならなければと・・・・。

でも一方、以前と今では子育てがしやすい社会になっているだろうかと
ふと考えてしまう  

                                                  aohana.png has.png has.png

保育園にはなかなか入れず、社会問題になっているし、親の労働時間は
長くなり、子どもたちが犠牲になっている。

女性が働きやすいようにと、先輩たちが声をあげ少しづつ前進していた
権利(生休や産休、育休、病休などをとったり)が今また後退しているように
思えてならない。制度としてあっても現実的に使えなかったり・・・

そして一方では「子育て支援」が叫ばれ、私も以前子どもに関わる仕事を
していたが、トップダウンで仕事が下りてきて、それに振り回されたり・・・

「子育て支援」を言うなら、日本の長時間労働をなくしたら解決することが
どんなに多いだろう。 has.png

学童保育では、子どもたちに夕食を出し、お風呂に入れるサービスまでしている
所がある。そういう所が流行る社会なんてほんとにおかしい。「子育て新システム」
を導入してそういう事業をしやすくしている。

孫たちの世代を考えた時に、これからの世の中がとっても心配。今何が大事か
自分が出来ることは何かと考えてしまう。

孫と遊んでいると、なおそう思う今日この頃だ。


遅れていた宇治の子どもの通院医療費助成が拡充

9月から小学校3年生までになった。昨年の9月にやっと就学前までに
なっていたのでうれしいニュースだ。(市長選でもいわれていた)

府南部では、小学校卒業までが主流だからまだまだ遅れている。
宇治田原町や井手町では通院、入院も中学卒業までが無料だ。

いろんな声をあげていく大切さをつくづく思う。

どこの学校も整備することなどもっと子育て・教育のために
お金を使って欲しい。  

                                                         has.png has.png 


 





Comment:0  Trackback:0
2013
03.02

グリコ・パイナップル・チョコレート(孫のお守)

Category: ねえ聞いて
この頃 土曜日は、孫守の日です。

1月に息子宅に2番目の子が生まれて、お母さんは産休中。
「お母さんがおられるあいだの土曜日は保育園はご遠慮ください」と
言われたとか。それで4歳半のお姉ちゃんを預かることになる。

いろいろな方の話を聞くと孫守が出来るのも条件がそろわないと
なかなか出来ないもので、できるのは幸せなのかもしれない。

というわけで、「今度来たら何しょう?どこへ行こう?」と楽しんでいる。

kaidann.jpg

この日は近くの公園で遊んで帰り道に階段で「グリコ・・・・」の
ジャンケン遊び。初めは私がいい調子で先に上に上り着き、だんだん
孫の顔がふくれてきて、さあーどうなるかなとちょっと心配。

でも下って下までやっていると、こんどは私の方が形勢不利、そして
とうとう私が負けてしまう。(心の中でほっとしたり・・・今度は負かして
やりたいと思ったり・・・)

帰り道、「お友達に負けたら怒る?」と聞くと「う~うん」と怒らないらしい。
お父さんには?お母さんには?と聞くとまあ怒らないらしい。
「おばあちゃんには?」と聞くと「おこる」とのこと。「ふう~ん そうか」

楽しいひとときでした。

tori.jpg

今日(3/2)は、じいちゃんもいっしょで3人で大吉山へお散歩に行くことにしました。
土曜日の朝のせいかけっこういろんな人に出会う。

途中で立ち止まって手を広げて前に出している人がいて何をしているのかと
見るとお米をのせていて鳥がその人の手のひらに止まってついばんでいく。

そして気がつくと回りに鳥がいっぱい!!

よく知っていて集まってきているらしい。

私たちのすぐそばにも飛んできて近づいても逃げない。えさを待っていた
のかも・・・・。家の庭へ来る鳥はとっても警戒心が強いのに・・・。

冬場のえさの少ない時だからいいのか?でもお隣の方が庭の枝にみかんを
おいてやったりしているのとは少し違うようにも思うし・・・

あの鳥たちはすっかりあてにしている様子。自然の中でどうなんだろうと
思いながら「野鳥の会」の人たちにまた聞いてみるかな。

でもちょうど

 ♪アヤチュウチュウ  コヤチュウチュウ ニシキサラサラ 

ゴヨノサカズキ モッテマイロウカ  ビビラビーン♪ 


という「鳥のみじい」の“おはなし”を思い出して、その話をしながら山を登る。

山を下りる時に先頭になって走っていく孫を出し抜いて、私が近回りをして先に
なるとご機嫌をそこねてしまい、しばらくふくれっつら。

またまた楽しんでしまいました。

それを見ていたおばちゃんに笑われ、「おばあちゃんは、ずるいね」となぐさめ
られていました。

そして、下の小さな公園でも遊び、ごきげんになり帰ってきました。   

                                                                          

                                                                 

 





Comment:0  Trackback:0
back-to-top