--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.14

聴きごたえ、見ごたえあり !!

Category: コンサート
a9113fd3fa5997c7d547c845a7c4c0dd.jpg      kuro-ba2s1.png    kurobas.png
 
佐渡 裕さんの指揮で

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のコンサート


2/13(水)の夜、彦根市文化プラザにて


今回は友人に券が1枚あいたからと誘って頂いた。

佐渡さんは「題名のない音楽会」でもおなじみで東京シティ・フィル
もよく一緒にやっておられる。

スラリと背が高く指揮は、迫力満点。始まる前に少しトークがあり、
聞くところによると3歳の女の子さんがおられるそう。付き合いのある
世界的な建築家の安藤忠雄さんに昨年末お会いしたら、サンタさんを
手作りしてきて、さりげなくプレゼントしてくださり幸せな娘だと話される。

そして曲目の解説もあり、そういうお話がちょっと入るとコンサートは一層
楽しめる。ソリストの解説もあり、佐渡さんもフルートをやっていて憧れの方で
学生の頃に頂いたサインが宝物になっているとか。

佐渡さんの指揮は飛んだり跳ねたり手首を回転させたりしやがんだりと、とても
情熱的な指揮。それが全然いやみがなく良かった。

今回はハイドン・モーツアルト・ベートーベン。クラシックの曲目に詳しく
はないし、音楽的知識は乏しいけどクラシック曲を聴くのは好きで、たまには
生のコンサートが聞きたくなる。

今回のもう一つの聴きどころは、モーツアルトのフルート協奏曲(K313)の
フルートのソリストがペーター=ルーカス・グラーフさんという方で世界的に
活躍されている方だそうだが、御年なんと84歳で現役、1本のフルートなのに
音色が重なるように聴こえてくるし、長く続く息遣などすっかり聴きほれる。

誘ってもらって良かった。友人に感謝。has.png has.png has.png


kurobas.png



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kokarina7.blog.fc2.com/tb.php/13-987bde5d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。