--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.03

子育てしやすい国に!街に!

Category: 気になる事
roubai.jpg  孫と散っていた蝋梅の花を拾ってきて・・・


私たちも子どもを保育園に預けて、共働きでやってきた。
子どもの病気が長引いたりした時は、どうしても親の助けを
借りてやりくりしてやってこれて親には感謝している。

そして今は子どもの世代が子育て真っ最中。今度は助ける側に
ならなければと・・・・。

でも一方、以前と今では子育てがしやすい社会になっているだろうかと
ふと考えてしまう  

                                                  aohana.png has.png has.png

保育園にはなかなか入れず、社会問題になっているし、親の労働時間は
長くなり、子どもたちが犠牲になっている。

女性が働きやすいようにと、先輩たちが声をあげ少しづつ前進していた
権利(生休や産休、育休、病休などをとったり)が今また後退しているように
思えてならない。制度としてあっても現実的に使えなかったり・・・

そして一方では「子育て支援」が叫ばれ、私も以前子どもに関わる仕事を
していたが、トップダウンで仕事が下りてきて、それに振り回されたり・・・

「子育て支援」を言うなら、日本の長時間労働をなくしたら解決することが
どんなに多いだろう。 has.png

学童保育では、子どもたちに夕食を出し、お風呂に入れるサービスまでしている
所がある。そういう所が流行る社会なんてほんとにおかしい。「子育て新システム」
を導入してそういう事業をしやすくしている。

孫たちの世代を考えた時に、これからの世の中がとっても心配。今何が大事か
自分が出来ることは何かと考えてしまう。

孫と遊んでいると、なおそう思う今日この頃だ。


遅れていた宇治の子どもの通院医療費助成が拡充

9月から小学校3年生までになった。昨年の9月にやっと就学前までに
なっていたのでうれしいニュースだ。(市長選でもいわれていた)

府南部では、小学校卒業までが主流だからまだまだ遅れている。
宇治田原町や井手町では通院、入院も中学卒業までが無料だ。

いろんな声をあげていく大切さをつくづく思う。

どこの学校も整備することなどもっと子育て・教育のために
お金を使って欲しい。  

                                                         has.png has.png 


 




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kokarina7.blog.fc2.com/tb.php/16-c8e8e6f3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。