2013
10.19

性格が出る?

Category: ねえ聞いて
10/17にフラワーアレンジメントの体験・・・7人様々

 arennji.jpg  arennji6.jpg   arennji5.jpg 

arennji4.jpg  arennji2.jpg   arennji3.jpg 

 arennji1.jpg  だいたい同じような材料で 先生にコツを教えて頂きやってみる
さあ、持って帰って飾っておいたらダンナがどんな反応を示すかなあと・・・

まだみんなには聞いていないけど、我が家は「どうしたん?」

もう一人の方は「かわいらしいねえ、どうしたん?」とちょっと感想が入り、格が上!


Comment:0  Trackback:0
2013
10.07

蝶と花と猫 ・・・言うと思った! 

Category: ねえ聞いて
レモンの木マンションのおかげか庭に蝶がよくやってきて
ageha.png 
   うらやましそうに眺める我が家のお猫さん
        mannji.png     mannji1.png 
今年の“まんじゅしゃげ”の季節も終わって・・・次は
                         kabinn.png 「今週の花」
なんとか庭でとれる花を飾っている 
 私の“心のバロメーター”は花を飾る気持ちの余裕があるかどうか・・・で
忙しくても飾ってなんとか余裕がある気になろうと・・・・
たまに娘が子守のお礼にって花を買ってきてくれるのがうれしい
 この間はじいちゃんが一人で子守・・・娘は気を使って好きなお酒をもってきたらしい
ダンナはちょっと気をよくしている
(おまえだけでわしには何も無いのか)と思っていたとか
「それはよかったね」と言ったもののしばらくして
(うんっ?ちょっとまてよ。花は私だけでなくみんなが恩恵に属しているのだ)
と気が付きそれを言うと
「そう言うと思ってた、やっぱり言うたな」だってさ



Comment:0  Trackback:0
2013
10.05

レモンの木マンション

Category: ねえ聞いて
   aomusi1.png   ある日、玄関前の鉢を見ると青虫がいっ~ぱい!

 小さい柑橘系の葉っぱは、みんなに食べられてズタズタ。
「もうっ!」と腹がたつけど・・・“はらぺこあおむし” を思い出し・・・

         aomusi2.png    ちょうちょになるために

  大きいマンションに引っ越しさせてあげました。

aomusi.png  

 手のひらにいっぱい!さてさて何匹いるでしょうか?


Comment:0  Trackback:0
2013
06.11

カリカリ小梅が変~身!!

Category: ねえ聞いて
 少し前に、お隣から小梅をもらう。

   ume_20130611225359.jpg う~ん どうしょう!!

今までに「梅シロップ」しか作ったことがない。

昨年は庭の梅が全然ならなかったのに、今年は豊作だとか。

ネットで調べて「カリカリ小梅」が作れるかなあ・・・と
1週間ぐらいたつと水が上がってはきて・・・・

でも柔らかくなってきたし、カリカリにはなりそうもない。
え~い!干しちゃえ!!と3日ほど干すと今度はしわしわに。

あたりまえのことだが・・・そこでたまたま生姜漬けに使おうと
買っていた赤紫蘇を混ぜちゃえ・・・と

我流でume1.jpg こんな風になって・・・

梅干しの味はしている。

後でおとなりのYさんに本格的な作り方を聞くと、干すのは後から
土用干しをするんだとか・・・そうだ、土用干しのことは聞いたことがある。

「おばあちゃんの梅干しが最高」

実は今まで私の母が作る梅干しに頼り切っていて、子どもたちも
毎年あてにしていて、もっぱら貰うばかり。

そろそろ作り方を聞いて自分で作れるように・・・・と思いながら、なかなか

今日は、またお隣から大きい梅をもらう。ume2.jpg

さあいよいよ本当の梅干し作りに挑戦してみるか・・・・・

「梅シロップの思いで」

勤めていた頃、職場に梅の木があって、よくとれるようになり、
小学生の子どもたちのおやつに使えるものは・・・・と
シロップ作りをし、ジュースで飲んだり、梅ゼリーにしたり。

Mちゃんがそのゼリーが好きだったなあ。

また、酸っぱいものが好きな孫に作ってみよう!!




Comment:0  Trackback:0
2013
06.08

9条によく出会う日

Category: ねえ聞いて
 先日の6/2のこと

講演会「平和の祈り アンネのバラに託して」
  ~7,976本のバラを育てて37年~
                             = 山室健治氏=

この講演会に参加し、その思いやいきさつのお話を聞き、

tugiki.jpg 接ぎ木の実演も見せてもらった。

野生の野バラに接ぎ木するとうまくいけば元気に育つそうだ。

      bara2.jpg   bara1.jpg
シリカゲルで保存して楽しめる「アンネのばら」のことも教えて頂く。

    接ぎ木に挑戦し、ぜひ作ってみたいものだ。

綾部市に在住の山室健治氏は高校で化学の教師をしておられ、仕事をしながら
お父さんよりこのバラ育成を受け継ぎ、立命館大学大学院国際関係研究科で平和学
も学ばれたそうだ。

アンネのバラはいとこにあたる大槻道子さんが(教会の牧師さんでもあるそうです。)
アマチュア合唱団で1971年にスイスを訪れた時にオットー・フランクと奇跡的な
出会いを して、バラの苗が送られ、山室隆一氏(父)が育てられたらしい。

そのつながりで全国の聖イエス会の教会が力を入れて育てたり、
広めたりもしているようだ。

     kyoukai    kohatak.jpg 木幡の聖イエス教会

アンネの日記の「1994年5月3日」のが一番印象的だと紹介される。

「戦争が何の役に立つのだろう?なぜ人間は仲よく、平和にくらせないのだろう?
この破壊は 、いったい何のためだろう?毎日、戦争のため何百万というお金を
使いながら、どうして 医療施設や、芸術や、貧しい人のために使うお金が一文も
ないのでしょうか。世界には 食べ物があまって、腐らせているところがあるのに、
どうして餓死しなければならない人が いるのでしょうか?」

    (あ~ このあいだも大阪で母子が亡くなったなあと思いながら・・・)

69年前にアンネが書いたことが、そっくりそのまま、現在のことともいえる。
このことばが、今の日本の状況を考えたときに、平和憲法がおびやかされているし、
この日記が日本国憲法施行日の5/3という日にも思いを強くする。

「平和憲法を持つ日本こそ、世界の平和のリーダーにならなければならない!!」

語られたことばがとても印象的でおもわずうなずく。

アンネはジャーナリストになりたかったそうだ。生きていたら、 6/12で84歳だ。



そしてその夜、

娘婿のお父さんより頂いたDVDの試写をする。

 nerusonn.jpg    「 9条を抱きしめて」
  
 =米軍海兵隊員 アレン・ネルソンが語る戦争と平和=


できたてホヤホヤでこれから広めていきたいとのことで、お父さんも制作に
かかわり、協力したとのこと。

よくよく見るとその中にアレン・ネルソンの生い立ちなどの漫画が取り入れてあり
そのセリフだった。

ネルソンさんのベトナム戦争の経験から平和運動へ生涯をささげ、
枯葉剤などの影響もあってか64歳で癌のため亡くなられている。

日本での憲法9条との出会いはネルソンさんの生涯を変える1つの要因にも
なった そうだ。

ネルソンさんのことは、知っていたがより深く知る機会になったし、9条の大切さと
戦争の愚かさ、悲惨さを考えるよいDVDだ。

これからの子どもたちに、ぜひ見てもらいたいものだ。  
ネルソンさんは活動の半分は日本でされ、学校などの講演会を よくしておられたそうだ。

まだ生きておられたら、今どんなにか声を大にして訴えておられただろうに・・・





Comment:0  Trackback:0
back-to-top